プロフィール

NASG

Author:NASG
日本大学理工学部航空研究会のBlogです。
只今、M35とM36が活動中。

第41回鳥人間コンテスト
ディスタンス部門、出場に向けコツコツと製作中。
優勝を目指して日々頑張ってます!


活動は日曜以外毎日してます。
応援よろしくお願いします!

メールはnu.cst.nasg@gmail.com
まで!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

ロールアウト&第1回試験路TFの報告

M30の西島です。
1ヶ月半ぶりの更新、作業報告としては荷重試験前の2月から5ヶ月ぶりの更新です。
ツイッターではちょくちょく報告していますが、ブログでの報告が滞ってしまい申し訳ありません。

先日ようやくM30の機体がロールアウトし6日に初TFを試験路で行いました。

DSCN9549サイズ変更

DSCN9525サイズ変更


今回のTFの目的は『機体組み立ての確認』『機体調整(主翼取付位置・上反量・尾翼ニュートラル)』をメインに、パイロットは『機体の特性(作蔵やシミュレータとの違い)を知る』『機体への慣れ』としました。

内容
機体組立は約2時間で終わり、4時半ごろから滑走試験を開始しました。
全部で11本の滑走を行いましたが、機体調整はなかなか上手くいかず次回も引き続き調整ということにしました。


以上で簡単に1回目のTFの報告をさせていただきます。2回目のTFの報告は明日or明後日にしたいと思います。
スポンサーサイト

第7回交通総合試験路TF

18日早朝に第7回交通総合試験路TFを行いました。
今回のTFをもって鳥コン前のTFは終了となります。

雨も降らず天候にも恵まれ好条件の中最後の調整を行うこと
ができました。

内容としては

1~2本目 滑走
3~8本目 ジャンプ
9~10本目 短距離

そのあとスタート練習を3本実施しました。

9本目、10本目では100m程度の安定した飛行が出来ました。

DSC_1084_convert_20120719141917.jpg

DSC_0943_convert_20120719182750.jpg

DSC_0003_convert_20120719182527.jpg

DSC_1047_convert_20120719182943.jpg

大利根飛行場でのTFが全く出来なかったのは正直辛かったですが、学内の
メリットをいかし、全部で89本行うことができました。
機体調整は滞りなく終了することができました。

フライト順が公開されましたが、日大は7番目です。
もちろん、その時間の風を調査しフライトシミュレータで
フライト練習を重ねてきました。

DSC_0021_convert_20120718173212.jpg

恒例の写真撮影!まずはMowe29

DSC_0059_convert_20120719135725.jpg

今度はMowe30、Mowe31を入れて全員で!

第4.5.6回交通総合試験路TF

どうも、いつものことながらプロペラ班長件試験飛行支持の齊藤です。
パソコンが突然壊れたため更新が遅れました・・・
6月28、30日,7月1日に交通総合試験路TFを行いました。

本数としては28日に14本、30日10本、1日19本と確実に本数を重ねる
ことが出来ています。今年は天気も良く天候不良で中止したのは今の
ところ1回です。
試験飛行の目的は主に来週に控える大利根飛行場でのTFに向けた最終
調整で、最終的には重量を本番に想定される92kgに合わせ、上反量は
2100mm程度に落ち着きました。

DSCN4922_convert_20120701175953.jpg

今回からはスタートのテールを2人に増員してTFを行いました。
フェアリングもノーズとボートがフレームに接着されています。

DSCN4932_convert_20120701181734.jpg

重心も特に問題なく安定したジャンプをこなすことができています。
機速は平均して22km/hおよそ6.1m/s程度で安定しています。
パイロットいわくすごく負荷が軽くどこまででも飛べる気がすると
のことで今年のコンセプトの低負荷が実現されているようなのでよか
ったです。
あと気になったのがプロペラですがもしかしたら加推力気味かもしれ
ません。まだ各種フェアリングやフィレット等付いていのですが、回
転数が設計値より低いにもかかわらず明らかにグイグイと引っ張って
いきます・・・。たしかに余乗推力はちょっとだけ多めにとったので
すが。

DSCN4946_convert_20120701181915.jpg

頭の上のが飲料水2Lで、背中の後ろがカメラを想定した1kgの水です。
今回のTFで学内で行うTFは最後になる予定です。今のところ予定して
いるTFは大利根飛行場での4回のTFのみです。

荷重試験から4ヶ月・・・大変な日々でしたがなんとかここまで持って
くることができました。あと1ヶ月もなく鳥コンですが、本番で最高の
フライトができるよう頑張っていきますので、もう少しの間よろしく
お願いいたします。

それでは

第2,3回交通総合試験路TF

昨日と今日で第2回,第3回交通総合試験路TFを実施しました。
今回も主にフライングワイヤーの調整を目標とし、滑走のみのTFとなりました。
本数としては23日は12本,24日に21本の滑走を行うことができました。
徐々に機速を6.6~6.7m/s程度まであげました。途中何回かキャスターの音が
消えたとのことでしたが明確な浮上はまだ確認していません。

DSC02325_convert_20120624161235.jpg

初日の前半の状態ですが、上反が明らかに小さいのでこのあと2度ワイヤーを
調節しました。

DSC02336_convert_20120624161501.jpg

最後の頃ですが上反量も着実に増えてきています。この状態で1600mm程度の
上反量を得られていますが、設計上反量である2300mmまでにはまだまだです。
しかし、機体にまだフェアリングやドリンク等がついておらず機体重量が軽
いので、とりあえずフライングワイヤーの調整は今回のTFをもって第1段階
を終了としました。次回のTFからは浮上~ジャンプを目標にしていこうと考
えています。
 パイロット曰く機体の特性としては練習機と比較すると若干ラダーの効き
は鈍いけど、想像していたよりは全然効いてくれたとのことでした。練習機
通称作蔵はスパンが短く、主翼剛性が本番機に比べかなり高いのでラダーは
かなり効きます。今年の機体は例年よりスパンを1m伸ばし33mと長くなって
いるので心配していましたが、特に問題はないようで安心しました。また、
さっきも書いたとおり、機体重量が設計では95kgでしたが、現在実測88kgと
ドウシテコウナッタ!? 7kgほど軽くなってしまったので、ちょっと回転
数を上げるとすぐ浮きそう(何度か浮いた?)になるとのことでした。
 また、いままで3回TFを行いましたが、重心が若干後ろな感じがするので
次回は主翼を5mm下げてTFを行うつもりです。
 また昨日今日と見に来ていただいたOBの方々はありがとうございました。
次回のTFは来週の木曜早朝を予定しています。

それでは

試験飛行予定

今週末に予定していた試験飛行ですが、作業進行の遅れにより
中止となりました。先週に引き続き延期となってしまい作業の
プランニングに問題があった事を反省しています。
 今後の予定としては今週末の不足分を来週の平日に行う様に
調整をしています。6月中は学内の交通総合試験路で調整を
行い、7月に大利根飛行場での試験飛行で調整を詰めていく予
定です。詳しい予定が決定ししだい、またご報告いたします。