プロフィール

NASG

Author:NASG
日本大学理工学部航空研究会のBlogです。
只今、M35とM36が活動中。

第41回鳥人間コンテスト
ディスタンス部門、出場に向けコツコツと製作中。
優勝を目指して日々頑張ってます!


活動は日曜以外毎日してます。
応援よろしくお願いします!

メールはnu.cst.nasg@gmail.com
まで!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

交流会参加チーム追加

東京女子大学 飛ん女の会
電気通信大学
首都大学東京 MaPPL
スポンサーサイト

交流会お知らせ

交流会でのプレゼンチームですが8月30日現在

東京電機大学 FlightWorks
名古屋大学 AirCraft
日本大学理工学部航空研究会
大阪府立大学 堺風車の会
京都大学(技術交流会について)

にお願い致しました。
まだ調整中です。

また日程は大まかに

8:00  受付開始
10:00 全体交流会
12:00 移動開始
12:30 昼食
13:30 班別交流会
15:30 見学
16:30 移動
17:00 懇親会
19:00 解散

と予定していますが、プレゼンチーム及び見学内容によって
変更になると思います。
いつもの交流会より受付時間の開始が早くなっているので
ご注意ください。
また、昼食は学内に学食はありますが営業しているか不透明で
コンビニは1つしかなく、おそらくかなりの人数が予想される
ので買って置いたほうがいいと思います。確認が取れ次第また
ブログにてお知らせいたします。

班別交流会

主翼班
CFRP班
フレーム班
駆動班
フェアリング班
プロペラ班
電装班
操舵班
パイロット
設計
代表
滑空

となっていますが、部屋が結構広いので少し変更になると思います。
また、ぜひ実物等の持参お待ちしています。

参加チーム追加
東京電機大学
ドボン会
大阪大学
さんしょううお

遅くなりましたが交流会資料は10日前までには送っていただき
たいと思います。

P.S あと他大の方から鳥コンで余ったTシャツ等あれば売りませんか
との案があったので、もしよろしければ連絡いただければと思います。
他にもアイディアや企画があればコメントやメールで伝えていただけ
ればと思います。

それではよろしくお願いいたします

鳥コン放映を終えて

 鳥人間コンテストの放映のとおり今年の記録は12342mで準優勝でした。
結果を見れば記録飛行を除けば琵琶湖でのチーム3位の記録ですが、内容
としては大きな反省を残してしまいました。
 しかしながら今年の飛ばなきゃならないわけである、まだ日大は飛べる
ということを示すということと、次へと繋ぐということは達成できたフラ
イトだったと思っています。
 それでは簡単ですが本番の報告をしようと思います。

DSC_4005_convert_20120828153720.jpg

組み上げは午前2時から開始しました。機体を最終形態に仕上げるために
かなり時間には余裕ををったつもりでしたが、少し予定より遅れてしまい
ました。しかし、機体の組み上げ自体には問題は発生しませんでした。

DSC_3998_convert_20120828153523.jpg

フェアリングにも本番仕様の遮光フィルムが全面貼られオーラを放ってます!
直前にウィンドシールドにも貼ることにしたため深夜にホテルまで行ってフィ
ルムを貼ってきました。琵琶湖でやると砂埃が入るためです。
このときGPSの確認はしていたのですが...

DSCN6247_convert_20120828175331.jpg

およそ半分ほど進んだころにプロペラを装着しました。
プロペラはディスタンス機にとって命なので、時間ギリギリまで磨き及び
ワックス仕上げを行いました。今年のデザインは渋くモノトーンで決めて
みました。それぞれNASGとMowe29と塗装してあります。
自分はプロペラ班長なのに全て相方に任せパイロットと共にフライトプラ
ン及び最終確認などを行なっていました。

DSCN6242_convert_20120828180541.jpg

裏はこんな感じです。
本来ならば可変ピッチを使用したかったのですが、試験飛行中に使用が
できなかったことなどからリスクを考え従来の軽量なピッチを使用しま
した。これは早い段階からパイロットに伝えてあったため特に問題はあ
りませんでした。

DSC00434_convert_20120828154028.jpg

パイロットとは桟橋で別れました。
このときのパイロットの状況は絶好調のようで不安はそれほどありませ
んでした。
そして9時過ぎにテイクオフ!
個人的にはこの瞬間が一番不安でした。やはり荷重試験で折っているので
不安は拭いきることはできませんでした。しかし問題なく飛び立ってくれ
たのでこの時点でもう不安は何もありませんでした。

DSC_4181_convert_20120828153859.jpg

事前のミーティングで自分たちの前のチームが左側に流されていたので
少なからず彦根ビューホテル側から風があると予想し、機首を右に向け
スタートしました。1kmほどのところで一度90°旋回をしてしまいまし
たが事前に目標物を確認していたためすぐにパイロットに伝え方向修正
は迅速かつ確実に行うことができました。
しかし3kmを超えた辺りからトラブルが発生しました。
まず無線が通じなくなり、次に機体側のGPSがロストしました。
Mowe29には高度計、機速計は最初から搭載してありませんでした。計器
類に関しては今後の大きな課題です。
しかしそんな中でも安定した飛行を続けることができたのはパイロットの
単独飛行を想定したフライトプラン等のトラブルシューティングをしっか
りと行なっていたためだと思います。
本当に10kmまで余裕で飛んでいってしまいボートから出す支持は特にありま
せんでした。安心しきっていた矢先に中央翼とテレビでは映っていませんが
右外翼のフィルムも剥がれ始めました。
そして機体の抵抗が大幅に増加し9時40分頃着水に至りました。
パイロットはフィルムの剥がれには気づいておらず意味も分からず増加する
出力と戦っていました。
スタート時は体感210W程度で余裕だった出力も着水寸前では280Wぐらいに
上がっていたようです。
しかしパイロットいわく体力の限界で落ちたわけではなく、ただ高度も分か
らず漕いでも全然進まない機体、気づいたら落ちたそうです。
高度さえパイロットが知ることができればもう少し粘ることは出来たかもし
れません。しかし、このような結果を生み出したのは自分自身なのでしっか
りと受け止め、対策を考えていきます。

IMG_0630_convert_20120828160447.jpg

12km先から帰ってきた機体はバラバラでした。
主翼は4つに折れて、フレームもバラバラ、尾翼に至ってはありませんでした。
プロペラは無事に帰ってきてくれてよかったです。

IMG_0590_convert_20120828160207.jpg

みんなで記念撮影をしましたが、メンバーもいろいろなプレッシャーから
開放されました。
3月3日の荷重試験で桁が折れ、作業が遅れに遅れロールアウトが6月18日
鳥コンのおよそ1ヶ月前でした。試験飛行では大利根飛行場が全滅し歴代
初の学内TFのみでの大会参加でした。最大飛行距離は100mぐらいでしょう
か。クラッシュ即大会棄権を意味していたので試験飛行は本当に慎重に行
いました。そんな中でも着実に機体を調整を行いセッティングとしてはベ
ストな状態にもっていくことができました。
また今年は特にOB、OGの方々の手助けがなければこのフライトはできなか
ったと思います。この場を借りて御礼申し上げます。
もうすでに来年に向けMowe30が機体製作をスタートしています。
来年こそ優勝できるよう自分も最大限のサポートをしていこうと思います。

それでは

交流会参加チーム

鳥人間コンテストは今夜7時放送です!
是非ご覧ください

交流会参加チームのお知らせです。
代表が管理をしてるので、すべてのチームを把握出来ていませんが
確認し次第更新していきます。

東北大学 Windnauts
東京都市大学 Apsaras
東京大学 F-tec
東京理科大学 Aircraft Makers
創価大学 鳥人間研究会
愛媛大学 二宮翔会
東京工業大学 Meister
芝浦工業大学 Team Birdman Trial
九州大学 鳥人間チーム
高知工科大学航空研究会
横浜国立大学 
広島大学 HUES
豊田工業大学 SOLAE
滋賀県立大学 航空研究会
金沢大学鳥人間コンテスト同好会
法政大学航空工学研究会
立命館大学飛行機研究会
東海大学 TUMPA
つくば鳥人間の会
京都大学鳥人間チーム
早稲田大学 
上智大学 SophiaFlyingTurkeys
東京理科大学 TORICA
金沢工業大学 
東京農工大学
北海道大学
東洋大学
名古屋大学
静岡理工科大学
立命館大学
首都大学東京 T-MIT

随時更新します。

交流会について

鳥コンの放送まであと2日となりました。是非ご覧ください。

今回は来月に迫る交流会についてのお知らせです。

日時 9月15日(土)

場所 日本大学理工学部船橋キャンパス

東葉高速鉄道 船橋日大前の目の前です。

受付開始は8時を予定しており、詳しい情報は随時更新していきます。

不明な点は nu.cst.nasg@gmail.com までお願いします。

鳥コン終わりました。

齋藤がなかなか更新しないので・・・あと、更新したかったので。

鳥コンから帰ってまいりました。結果についてはテレビ局の都合により申し上げられませんが、何はともあれ終わった~というところでございます。詳しい報告は斉藤がテレビ放送後に行うのではないかと思います。

M29の事について報告すると、怒られそうなので僕の方からは御礼と諸連絡とさせて戴きます。

既にメールが代表池田の方から来ているとは思いますが、改めてOBの先輩方に御礼を申し上げます。学校出発・フライト前日にお手伝いをお願いするなどゴタゴタしてしまいましたが、快く協力していただき感謝しています。
また、2年ぶりとはいえ、あんなにも多くのOBが応援に駆け付けてくださり、現役は感動してました。Tシャツの数の不足等の不備は申し訳ないです。
また、ドリンク等もたくさんご馳走になりました。おかげでローソンがつぶれたにも関わらず、買い出しや車での移動を考えずに済んだことはギリギリの機体製作で命綱となりました。
今まで支えてくださった保護者の皆様にも重ねて御礼を申し上げます。

ここでお願いですが、鳥コン(それ以外でも)の写真・動画を撮影された方は是非ともお譲りいただけないでしょうか。M29の思い出として、来年以降鳥コンに出る後輩の資料として活用したいと思います。

6地下にお越しいただける方は直接来てもらっても構いません。また、写真の容量次第ではアップローダを利用しかと考えています。いずれにしても、お譲りいただける方は容量を明記の上、M29主翼班長大川:
e_log_e18@yahoo.co.jp
までお知らせください。

昨日からM30が始動しています。鳥コンで忙しかったために引き継ぎがまだ完全ではありませんが、近日中にミーティング等を開いて引き継ぎをし、鳥コン及びM29活動報告書(企業向け・航研向け)を完成させてM29は本当の引退となります。

ありがとうございました。