プロフィール

NASG

Author:NASG
日本大学理工学部航空研究会のBlogです。
只今、M35とM36が活動中。

第41回鳥人間コンテスト
ディスタンス部門、出場に向けコツコツと製作中。
優勝を目指して日々頑張ってます!


活動は日曜以外毎日してます。
応援よろしくお願いします!

メールはnu.cst.nasg@gmail.com
まで!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

凪いだ夜はTFの夜!~M33と天気とTFと~

こんにちは、広報の角谷です。
今日はGWの出だしにふさわしい良い天気ですね!
校舎の半地下にある6地下(作業場の愛称)の前からも澄んだ青空が見えて少しうらめしくなります。

空はあんなに晴れているのに
今日も今日とてモグラ暮らし

外の世界



おっと、すいません。少し感傷的になってしまいました。

それでは気を取り直して活動報告を始めましょう!






今回は特集号でお届けします。
ついに始まったTF特集です!!


TFとは…Test Flight の略で、試験飛行のことです。
パイロットの操縦訓練と機体の調整が主な目的です。TFで重ねた飛行距離が本番での飛行距離とも言われています。



主に金夜と土夜、深夜12時頃から機体を組み立てて最も風が弱くなる夜明け前をねらって飛ばします。

機体は自立できないので常にグランドクルーが支えます。
飛ぶ時も止まったらすぐ支えられるよう全力疾走で追いかけます。
指示出し(琵琶湖でボートに乗る人)は、うしろからパイロットとクルーに指示を叫びます。
滑走路の両端では、記録係がビデオと写真で機体のデータを集めます。

TFは、チーム全員の力で初めて成功するものなんです。



(以下一昨年の学内TF)
DSC_0299.jpg


DSC_0303.jpg



ですが人力飛行機は雨と風にめっぽう弱いもの・・・
大会でも結果が出せるかどうかは7~8割方天候にゆだねられると言ってよいでしょう。
なのでTFをしたくても天候が悪ければ延期です。


33はこの2週間雨と風に苦しみ続けてきました。誰ですか雨男(女)は(ry
ぜひ週末は寝る前に空を見てみて下さい。凪いだ夜なら、鳥人間が頑張っています。


次回は各班の作業をお届けします。たぶん早い更新になるんじゃないかな・・・
フレーム班、もとい今はフェアリング班が絶賛無双中です。
鳥人間のヒナ(1年生)も入ってきました。お楽しみに♪
スポンサーサイト

春の木村杯のお知らせ

初めまして
前委員長M32の黒澤さんから引き継いで65回大会から委員長を務めさせていただきます
M34の清水です

第65回木村杯の開催が決定しましたので皆様にお伝え致します。

日時:5月8日(日) (予備日5月15日) 

9時受付開始
12時終了

場所:都立武蔵野中央公園

参加費:シングル1000円 ダブル1500円 ジュニア300円

後援:日本紙飛行機協会

となります。

皆様のご参加楽しみにお待ちしております。