プロフィール

NASG

Author:NASG
日本大学理工学部航空研究会のBlogです。
只今、M35とM36が活動中。

第41回鳥人間コンテスト
ディスタンス部門、出場に向けコツコツと製作中。
優勝を目指して日々頑張ってます!


活動は日曜以外毎日してます。
応援よろしくお願いします!

メールはnu.cst.nasg@gmail.com
まで!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

第1回 交通総合試験路TF

先週機体がロールアウトし、6月19日第1回交通総合試験路TFを行いました。
今回のTFの目的は機体の組立確認及びフライングワイヤーの長さ確認でした。
内容としては様々な問題もあり2時30分頃から組み上げを開始したにもかかわ
らず5時には組み上げを完了できました。
そしてすぐ滑走試験を開始しました。
1本目は機速4m/s程度で50mほどの滑走となりました。左右に流れることもなく
きれいに滑走させることができました。キャスター及び駆動系も特に問題はな
く2本目はすこし機速を上げることにしました。2本目機速5m/s程度の滑走で
した。フライングワイヤーの長さを短めにしていたため、上反は1m程度でした
がまだ機速が遅いため判断はできませんでした。ただ左右の上反のスピード及
びたわみは均等でした。しかしここで操縦桿が破損し撤収となりました。
2本の滑走しか行えませんでしたが、この反省を次に活かすことができればいい
と思います。今は週末の第2回交通総合試験路TFに向け準備をしていす。

IMG_0263_convert_20120621110015.jpg

今後のTF予定は
6/23 6/24 6/28 6/29 6/30 7/1 交通総合試験路TF
7/7 7/8 7/14 7/15 大利根TF
となっています。
必要に応じて試験路TFを行うかもしれませんがTFのリスクを判断しながら
適切にTFを行なっていこうと思います。

あと最近の作業場から

IMG_0266_convert_20120621110148.jpg

翼班1年生恒例の翼端板削り、発泡の粉にまみれながら毎日削っています。
毎日繰り返されるボツ・・・ここの曲率が変・・・左右が不均一・・・
合格まではまだかかりそうです。

スポンサーサイト

Comment

TF=リスクと勘違いはしないほうが良いかな。
TFの行い方のほうが、リスクに影響が大きい。
無茶な風状況や、本数で TFを行うとか。
リスクを負うなら、リカバリーに多少ゆとりがある時期にしたほうが良い。

はっきり言うと、現状の日程が既にリスクの高いTFになっていることを認識すべき。
回数を行って育成すべき、グランドクルーも育ってないだろうし、
天候不良で飛行場での回数が減った場合、多少の悪条件でも実施しなければならなくなったり、
試験数を稼ぐ為に1日の本数を多くしなくてはならない状況になる可能性が高いと思う。
あとは、満足な調整が出来ずに本番になるか。
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【第1回 交通総合試験路TF】

先週機体がロールアウトし、6月19日第1回交通総合試験路TFを行いました。今回のTFの目的は機体の組立確認及びフライングワイヤーの長さ確認でした。内容としては様々な問題もあり2時30分頃から組み上げを開始したにもかかわらず5時には組み上げを完了できました。そしてす...