プロフィール

NASG

Author:NASG
日本大学理工学部航空研究会のBlogです。
只今、M35とM36が活動中。

第41回鳥人間コンテスト
ディスタンス部門、出場に向けコツコツと製作中。
優勝を目指して日々頑張ってます!


活動は日曜以外毎日してます。
応援よろしくお願いします!

メールはnu.cst.nasg@gmail.com
まで!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

第37回鳥人間コンテスト

こんにちは。

M31広報の近藤です。
先月の26・27日に第37回鳥人間コンテストが行われました。
僕たちは27日に行われたディスタンス部門に出場しました。


まずは宣伝を…

この、7月26・27日にわたって行われた鳥人間コンテストの模様は、
『Iwataniスペシャル 鳥人間コンテスト2014』
放送日 2014年9月3日(水) 後7:00~(全国ネット)

にて放映されます。ぜひご覧ください。



今回の大会では特にディスタンス部門のほうでいろいろあり、放送の都合上言えないのですが、僕たちは”すべて”無事に帰ってきました。
これ以上言えないのでお察しください。
M31は下の代M32に代替わりしますが、まだ残っているので今後の方針をみんなで考えていきたいです。

また当日お越しくださったOBの方、親御さん方、今回多くのことにご協力してくださりたいへんありがとうございました。

結果は結果ですが、ひとまずメンバー全員が一区切り着いてはいます。
まだ逃れられてない人もいますが…
僕もすでに夏休みを満喫しています。いぇーい!!



一年間、応援してくださりありがとうございました。
M31は引退ですがM32がすでに活動をはじめており、機体製作に勤しんでおります。
今後とも日本大学理工学部航空研究会の応援の方宜しくお願いします。
スポンサーサイト

Comment

鳥人間、見ました。棄権の判断、本当に、だらしない。来年と君達は言うが、それは後輩達に、あの機体を押し付けると言う事。良い状況で飛ばしたい?君達は芸術家か何かか?

同感
お前らは琵琶湖見て、機体持って帰って記念飛行?日本大学に入ってんのに馬鹿な考えしとるわ!
つかパイロットに共感する。オレがパイロットでも飛ぶ言うし!
つかゴミ捨てに来てるんじゃないって言った女子は特に引いたな(*`Д´)ノ!!!

機体を持って帰って、後生大事に飾るのかい?良い状況下で事が運ぶなんて甘い学生の間だけ。そこから出たら状況が、なんて通用しない。だからこそ飛ばす判断が大切なんだ。

間違いないすねw
考え甘すぎ!TV 見た人達から批判いっぱいくるぞ~

結局、辛い思いをするのが怖いから逃げただけ。周りの厳しい状況も全部、飲み込んで自分達の努力に胸を張って堂々と飛ぶべきだった。いい歳をして、お前ら情けない。

大学生であんだけ決断力、度胸ないってどゆ事?
辛い事から逃げてるんじゃ、ろくな社会人にはなれないよ~(^_^;)

全員揃って、あの機体を飛ばせるのが今日しか無いって、そんな簡単な事が、どうして分からなかったんだよ。次なんて、もう絶対に無いんだよ。多分、一生、後悔する。

No title

なんでこんなに叩かれてるんだ?
パイロットの安全が第一でしょ。あの天候じゃ安全に飛べるとはとても言い難かったよ。ここで飛べとか言ってる人無責任すぎ。

No title

日大を叩いてる人頭弱すぎる。
パイロットの安全を考えたら正しい判断だと思います。

No title

安全が第一。
それを思えば良く決断したと思います。棄権は悔しかったでしょうし、やり切れない思いもあったことと思います。

それでも、思い出のためだけに危険を冒す暴挙を踏みとどまったみなさんはとても賢明でした。

私も2009年の大会中止による先輩たちの無念を見た者です。
お気持ち、お察し致します。

お茶の間の安全なテレビの前でエンタメを求めるだけの無責任な批判者は、勇気と無謀を分別しないのでしょう。
心無い言葉に気を取られないでください。

安全第一?じゃあ鳥人間コンテストなんて出んなw

テレビという興行に惑わされず、また様々な重圧を持たれていたであろう中、自らのことを第一に考えて判断された皆さんはとても立派だと思います。

安全なお茶の間でぬくぬくと見ている人間に言われても気にしないでください。何よりも安全が第一です。それが分からず批判するような輩は事故が起こるようなハプニングを期待している人間の屑なのでしょう。
お疲れ様でした。

チームの決断で飛行しようという流れが見えてひやひやしましたがパイロットの勇気ある決断に感動しました。棄権は本当に英断だと思います。このような決断が出来た日大航空研究会は本当に素晴らしいチームなのだと感じました。
来年今度こそ見事なフライトが出来ることをお祈りします。頑張ってください、そしてお疲れさまでした!

No title

自分達で判断したのだから、それは正しいと思います。

批判的なコメントをしている人達は、テレビのエンタテインメント番組として水を差されたことに憤慨しているのでしょうから、仮に事故でパイロットが怪我をしたとしても、最悪の事態が起きたとしても、テレビの向こうの出来事として楽しめてしまうのでしょう。
そういう人達を相手にする必要はないと思います。

これからのご活躍を期待しています。

No title

棄権は仕方無いことだし、テレビを見ていただけの私でも危険なことくらいはわかりました。
大多数の人はわかってくれてると思います。
無事が何よりです。お疲れ様でした。

No title

NASGの判断を支持します。

当時の天候は、一言で言えば台風みたいなものだったし、棄権は妥当な判断だったかと。無理して飛ばして、パイロットだけでなく観客や読売スタッフにまで怪我負わせたらって考えるとね。。。

テレビで拝見させていただけました。
あのプラットフォームを目の前にして"無事に帰る"という飛ぶ以上に勇気のある決断をされたことに感服いたしました。

自分も飛行機を飛ばすボランティアをすることがありますが
貴方達のような立派な行動を取れるようにして行きたいと思いました。

今後ますますのご活躍を楽しみにしています。
色々とコメントが荒れておりますが、無責任な言葉ではありますが次も頑張ってください。

本当にお疲れ様でした。

あの強風・雷雨の中、厳しい決断を下した事は立派だと思います。
私も君達と同じくあの天候のせいで飛ばせなかった身です。
あの状況を知らない外野のコメントは気にしないで下さい。

所詮、ド素人の戯言なんですから。

これが終わりじゃないです。これからも機会はあるのですから頑張って下さい。

No title

過去のほかのチームでの深刻な怪我などもありましたし、今回の飛ばないという決断は英断だったと思います。
来年、また見れるのを楽しみにしています。

No title

1996年前後の中止?何らかの理由で飛べなかった?頃の大会メンバーの知人です。
彼も非常に無念だと語っていましたが、パイロットの安全あっての事だと理解していました。

事故が起きてからでは遅いのです。
ベストな選択だったと思います。

あなた達の決断は決して間違ってはいない。
私は敬意を示します。

ありがとう。

No title

TVを拝見致しました。
重大事故を未然に防ぐご決断、感服致しました。

No title

鳥人間は落ちれば下手したら後遺症を負うこともあると聞きます。
仮にパイロットがやるといったとしても、リスクを考えて飛ばさない判断をしたのは賢明だと思います。

心ない誹謗にどうか気を落とさず、これからもがんばってください。

No title

安全第一、記録は第二です。
日本大学理工学部航空研究会の判断を支持します。

あの悪天候下で「怪我してでも飛ばせ」とか
万一のことが起きたら誰が責任取るんですかね。
「飛べよ」って言ったあなたが責任取ってくれますか?

「そんな判断は社会じゃ通用しない」とか、どこの社会の話です?
無意味な同調圧力こそ、社会には必要ないです。
「飛ばない」と判断した決断力こそ、
これからの社会では評価されるべきだと思いますよ。

日本大学理工学部航空研究会さんは
外部からの意見に惑わされず、我が道を突き進んでください。
応援しています。

No title

冷静な判断、感服いたしました。どう考えても危険な状況で、きちんと命に責任をもった皆さんの決断は正しかったと思います。

無責任な批判(というより罵倒)を展開されている人達がいるようですが、そうした人達は無理して何かあった場合も同じように口汚く批判する人達ですので、スルーが正解と思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

1年の集大成。様々な葛藤。
苦しい、本当に苦しい決断だったでしょう。

ボクはあなた達の決断に賛辞を贈らせて頂きます。
パイロットの安全が最優先。ボクもそう思います。

心ない中傷が沢山あると思います。
でもその中傷は無責任極まりないものです。
それに負けずに頑張ってください。

棄権したことは間違っていなかったと思います。勇気ある判断かと。

匿名ですみません

心ない言葉には負けないでください。
英断だったと思います。

テレビの向こうの人たちは
万が一のことがあっても痛くも痒くもありません。
責任も取ってはくれません。
誰より皆さんが一番悔しかったのではないかと思います。
皆さんのプロジェクトにおいて皆さん自身が出した結論です。
私たちには口を出す権利はないはずです。
本当にお疲れ様でした。

No title

ここで叩いてるヤツは九州工業大学の元パイロットが起こしてる裁判の詳細見たことないだろ。
どうやら諸兄らの目の前にある箱は、自分の気分の赴くままに罵倒を投げ付ける機能しか付いてない低級品をお使いのようだ

No title

煽ってるの一人だけなんでお気になさらず
賢明な判断だと思います。

No title

自分たちがその場にいたらって言いますけど、そんなの本当にその場にいないとわからないと思う。
その時の状況とか天候のひどさとかは、テレビの映像だけでは全部伝わらな。
メディアは「いい所(自分たちにとってつごうのいいいところ)」ばかりを見せるから、全部を全部まにうけるべきではないと自分は思うよ。

それにメンバーの気持ちはメンバーにしかわからない。
外部の人間が100%その人たちの心情を理解できるわけがない。
ボクはあの場での貴方たちの判断が間違っていたとは思いません。
「正しかった」とも言えません。
それは貴方たちが決めることだし、外部の人が判断していいことじゃない。

ただ、みなさん、パイロットの方に怪我などがなく良かったと伝えさせてください。

この言葉で表現してよいのかわかりませんが、
ボクはあの場で「飛ばしたい」思いがありながらも、パイロットの方の安全などを優先できた貴方たちがすごくかっこよく見えました。

みなさん本当にお疲れ様でした。

大会実施から一月以上経って、それでも今も何を言われても心に刺さるでしょう。
飛ばなかった後悔はやはりあるのかもしれないけれど、飛んだら別の後悔があったことと思います。
あなたたちが決めたこと、それが全ての正解なのです。
批判は期待されてたからこそです。名門は、それに耐えねばなりません。
あなたたちは、よくやった。3年間お疲れさまでした。来年でも記念飛行でも、飛ばせてあげられるといいですね。

No title

日大さんの勇気ある決断に感動。。
どんなにか悔しかったことか。
素晴らしいチーム。

飛んで事故が起きて
今後 鳥人間コンテストが無くなったら、、
そこを考えたら 全ての鳥人間と鳥コンファンは
日大さんの見方です!

批判なんて気にしないでください
応援しています。

頑張ったのはあなたたちだ、周りが何と言おうと自分たちで決めたように行動すればいい。今回の棄権は勇敢な判断でしたよ。勇んで無理に飛ぶよりもよっぽど立派でした。自分は日大の人間ではないのでこのコメントは大きなお世話かもしれませんが、読んでいただけると嬉しいです。

大会と放送が終わって

NASGの皆様、はじめまして。

大会当日の現地での動向、そして先程の放送、両方とも拝見させていただきました。

当日、豊田のチームのフライトが終わった後、それまでなんとか大会が運営できるギリギリラインだったのが一変。前線の通過に伴うゲリラ雷雨に襲われ、加えて強風が吹きすさび、機体を飛ばすどころか保持することすら困難な状況だったのは一目見ただけでも明らかでした。

そんな状況だったとしても、それまで3年間やってきたことを考えると、結果は二の次でなんとかして飛ばしたいと思うのもそれはそれで当然のこと。しかしそれでも、パイロットはじめチームメイト、そして周囲のありとあらゆる人・ものへの安全を考慮し、飛行断念もやむなしと決断を下して、機体を持ち帰り後々の可能性にかけることにした……その英断に、心から敬意を表します。

10年前の2004年、台風の接近に伴う劣悪な気象条件のもと、同じように琵琶湖で機体を飛ばせなかった21期のチームは機体を持ち帰り、その後飛距離の公式記録にチャレンジして見事飛行距離49kmの日本新記録を樹立しました。

また、過去には鳥人間コンテストの部門や大会そのものが中止になった年度に飛ぶ予定だった当時学生の現役チームが、後々OBチームとして鳥人間コンテストに出場した例もあります。

そういった前例があることを踏まえると、31期のメンバーの皆様はこれが終わりではなく、あくまで一つの区切りであり、そして今新たな始まりを迎えた、と申し上げても過言ではないのではないか、と思います。

新しく発足した32期のメンバーの皆様が次回以降の大会で好成績をおさめられることももちろんですが、31期のメンバーの皆様のこれまでの努力が何らかの形で報われることがありますよう、心よりお祈り申し上げますとともに、陰ながら引き続き応援してまいります。

皆様、あらためて本当にお疲れ様でした。

度胸ない、とかいってる人たち頭おかしすぎる
安全が第一でしょう
自分が飛ぶ立場になったことないからそんなことが言えるんだ
学生はエンターテイメントのために飛んでるんじゃない
日大の皆様
おつかれさまでした

No title

TV見ました。棄権の苦しみがまじまじと伝わる放映でした。
パイロットの方よく棄権しましたね…。
ずっと練習してきて、自分が一番飛びたかったでしょうに。
皆さんの冷静な判断、尊敬します!!

九工大の事故みたいに女性パイロットがダイエットに失敗して8kgもの体重オーバーを隠し続けて本番直前にカミングアウトしたんだから私には責任ない。責任は製作側だから損害賠償払えって訴えられてるが、ってやつよりずっと幸せな結末だろ。

No title

皆さんよくぞ御無事で帰ってきてくれました。
お疲れ様でした。

彼等は安全を考えて棄権したのでは無く、機体を壊したく無いから撤退したんですよね。万全の状況で飛ばしたいと言う理由で。その判断理由そのものについて、お坊ちゃんの思考だと、書いたつもりです。

勇気ある決断でした。
空を飛ぶ者は熱い心と冷静な判断力を備えて居なければなりません。
今年の皆さんは、立派な空を飛ぶ者達でした。

No title

安全第一で棄権したに決まってるでしょう
本当は飛んで壊したいに決まってるでしょう
それがわからない人がいるのは
TVの編集のし方かな。

No title

飛行中止されたとのこと、御英断だったと思います。
お疲れ様でした。

パイロットは、自分は飛びたいが判断はメンバーの意見を尊重する、とした彼の結論は正しいと思います。そして他のメンバーがパイロットの安全を考えて棄権したのであれば何も言いません。しかしながら棄権の理由が、機体を無様に壊したくない、万全な状況で飛ばしたい、琵琶湖に捨てる様なもの、と言う自己保身的なものだったので意見を言いました。ましてや航空大学校に編入する為、今回が最後となるメンバーに対して、この先、飛ばす機会があったら来て欲しい、と言った言葉を投げ掛けたメンバーがいましたが、相手の事を、全く無視した言葉だと感じました。先の文章や、この文章を読んでもらえれば分かると思いますが判断にはメンバーの意見を尊重すると言ったパイロットに対して、何人かのメンバーが発言した棄権理由が大学生にしては酷く幼稚で情けないものに感じたので、これから社会を支えて行く彼等に、あえて意見を言わせてもらいました。

棄権の判断が正しかった、間違っていたで意見している緒先輩方は社会経験で何を学ばれたのでしょうか。
人生の中でその時の判断がどうだったかは今後の彼らが実感することであって、他者が決められることではないと思います。
だからこそ彼らには、周りからどんな事を言われても、それを糧として前に進んで下さい。
他人の人生ではなく、貴方の人生です。

No title

コメント欄の最初の方を読んで、自分は安全な場所で温ぬくして、他者に危険を要求してそれを楽しむという行為が、どれだけ無責任なことか理解できない人が大勢いることに少々暗澹たる思いになしたが、その後の書き込みでホッとしました。

スポーツという観点からも、不要な危険を避けるという判断は正しい。そんな弱気じゃ社会に出てもやっていけないというコメントもあるけど、とんでもない。テレビ放送というプレッシャーもあっただろうし心ない批判も予想できただろうに、自ら考えて決断できたその判断力と胆力は、絶対に役に立ちます。

その場に居た皆さんがそれを正しいとして判断された、その点が重要だと思います。

拍手

一パイロットとして、あなた方を讃えたい。

GO、NO GOの判断は我々の世界でも非常に重要であります。
その判断を先日の状況下で下した力は社会人以上のもの、パイロットとして十分なものです。

実は私がかつて所属した団体では、無理に飛ばした結果2人を亡くす事故がありました。少し思い出し、行くな、行くな、と思いながら拝見しておりました。

皆様方の今後に幸多きことを祈りつつ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ここに批判コメントUPしてる連中は、揃いも揃って、『カミカゼアタックの如く飛んで行け!』『結果的に死人が出ても“自己責任”だ!』とう言うのか?
とことん他人事な発想だな!
『勇気ある臆病』とか、『名誉ある敗北』っつー言葉を知らんらしいな…

No title

お疲れ様でした。
飛べなかったこと、さぞ悔しかったと思います。
鳥人間は社会人になっても続けられるものですので
無理はなさらずに。個人的には数年後に
「2014年に飛べなかった日大31期が集結。雪辱を晴らす」
というアツい展開を期待しております(笑)。

棄権したことを批判している方へ。

語尾が「。」、「~」、「顔文字」の3パターンに
わけて複数人を装っている風に見えますが
言い回しや主張とか似通りすぎてて別人とは
思えませんし、

>辛い事から逃げてるんじゃ、ろくな社会人にはなれないよ~(^_^;)

語尾が「~」、「顔文字」と合体しちゃってますね。
詰めが甘いですね。
最近のブログは、IPも普通に見られますから
同一人物かどうかはブログ主には筒抜けでしょうけど。


>考え甘すぎ!TV 見た人達から批判いっぱいくるぞ~

さて、インターネット(ツイッター)上の意見を見てみましょう。

かちょ(カ号一型) ‏@sleek00 · 13時間
このコメント欄は例の「『残酷ショー』を見られなくて残念だったヒト」の意見なんでは>

ROF-4 ‏@67MajorMinor · 15時間
日大航空研究会のブログコメント欄を見て、批判的意見に胸が悪くなるナリ

世田谷区千歳船橋:かるがもクリニック ‏@atsushimiyahara · 17時間
日本大学理工学部航空研究会は棄権。判断をした人たちの勇気に拍手を。/第37回鳥人間コンテスト

八谷和彦 ‏@hachiya · 9月3日
日大理工学部航空研究会ブログ、残念なコメント沢山付いてるが、スカイスポーツにおいて劣悪な気象条件で飛ぶことは勇気でもなんでもない、ただの危険行為なんで、本当に冷静な良い判断したと思う。:第37回鳥人間コンテスト

白銀龍提督 ‏@PlatinumStar77 · 9月3日
日大理工航空研究会のブログ見たけど 鳥人間コンテストをエンターテイメントとしてしか見てないであろう人たちの残念なコメントがついていてなんだかなぁって感じ。あの環境下で無理して飛ぶことの危険性を何もわかってないわ

おち ‏@02320_ochi · 9月3日
『いい大人』による想像力の足らない低俗なコメントの数々。アミューズメントとしてのバンジージャンプか何かと一緒にしたら全ての出場者に礼を欠くよ。 / “【日本大学理工学部】~航研ぶろぐ~【航空研究会】 第37回鳥人間コンテスト


以下省略しますが、ほとんどのコメントは
棄権に賛同し、棄権を批判した貴方を責めています。
なんというブーメラン(笑)。
超一流の道化スキルですね(笑)。
非公開コメント