プロフィール

NASG

Author:NASG
日本大学理工学部航空研究会のBlogです。
只今、M35とM36が活動中。

第41回鳥人間コンテスト
ディスタンス部門、出場に向けコツコツと製作中。
優勝を目指して日々頑張ってます!


活動は日曜以外毎日してます。
応援よろしくお願いします!

メールはnu.cst.nasg@gmail.com
まで!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

2月は逃げる、3月は去ると言いますが。~近況報告2,3月~

こんにちは。広報の角谷です。
我が家の近所の河内桜がもう満開を終えて散り始めています。春ですね…
でもまだ寒いやないかいっ!!(大声)

そんな寒さにも負けず、パンデミックを未だ起こすこともなくNASGは今日も頑張っています。
さて、荷重試験からここ最近の動きをいっきに振り返ってみましょうーー ドン!




まず荷重試験ですが、無事にすべて終えることができました。
5日間で準備、試験、片付けをこなし計画通りできたと思います。
差し入れ、見学、応援に来てくださったOBの皆さまや先生方本当にありがとうございました!

33荷重試験





各班の動きですが、リブ班が外皮カットとセッツ(外皮を切り出して主翼にはりつける)を進めています。
個人ではできないチーム戦なので、リブ班の団結力が求められるところでしょう!
(↓カットの様子)
外皮カット





プロペラ班は各々頑張っていますが、進捗度合いに差があり、偶然にも全員が違う作業をしています。
なので今プロペラブースを見ると作業の流れが一目でわかります。あら便利。

クイズ!この写真の中にプロペラが4本あります。どれでしょうか!
proproom.jpg


答えはこちら。数字は作業段階です。
3の吊るされたペラは真空引きと言って、真空状態でスタイロにカーボンクロスを圧着しています。
1はリブのみ、2はスタイロがついた、4はポリエステルパテで表面処理した(ほぼ完成)、です。
proproom-1.jpg






そして尾翼班は、尾翼が取り付くパーツをフレームに接着しました。
取り付け部が曲がっていたら尾翼も斜めになってしまいますからとても重大な作業です。

派手な飛行機は、地味で大切な工程の積み重ねでできているんだなぁと改めて気づかされます。

バンザイ




フレーム班は順調に作業を進めています。
フェアリング設計がただいま奮闘中。
日大最大の課題はフェアリングなんだから、頑張ってくれ!!(。-∀-)



こんな感じで毎日仕事をこなしています。だんだんロールアウト(完成)目標日も近づいてきました。
やることは全然なくならないけど、確実に前には進んでる!
4月まで、あともうひと踏ん張りです。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント