プロフィール

NASG

Author:NASG
日本大学理工学部航空研究会のBlogです。
只今、M35とM36が活動中。

第41回鳥人間コンテスト
ディスタンス部門、出場に向けコツコツと製作中。
優勝を目指して日々頑張ってます!


活動は日曜以外毎日してます。
応援よろしくお願いします!

メールはnu.cst.nasg@gmail.com
まで!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

#1 Rib Setting 終了報告

11日06:00amをもって中央翼のRib Settingは終了しました。

合計作業時間20時間でした。

先日の台風の影響でここ数日の湿度の変化が激しかったせいなのか常盤の変形が激しく、準備に相当な時間がかかってしまいました。
次回からはもう少し直前に建てようかな・・・あ、でもそうすると泊まり込み必至か・・・?


ここでRib Settingについて少し説明しますと
1.桁にリブを通す
2.桁を常盤に置く
3.リブの位置を目視で確かめ記録
4.桁を上げてリブを全部外す
5.3の記録をもとにリブの桁穴を削る
6.1~5をリブがすべて規定位置になるまで繰り返す
7.リブの位置を目視で確認しつつ仮止め ← ここから本番
8.バルーンを盛って固定

大体1ターン1.5~2時間ぐらいかかります。

DSCF1844.jpg
↑作業4

「目視」というあたりがいかにも怪しげですが、これが意外と高精度だったりするのです。
詳しい方法が知りたい人はメールで直接聞いてみてください。ここに書くと非常に長くなるかもしれないしめんどくさいし。


↓↓↓そして出来上がり↓↓↓

DSCF1855.jpg

DSCF1854.jpg

過酷な作業だったにもかかわらず「楽しかった!」と言ってくれた一年生がいました。
やはり自分たちが作った部品が飛行機の姿になっていくことこそ人力飛行機造りの醍醐味だと思います。

次のRib Settingは11/7~8の予定です。
例年は中央翼・内翼・外翼の順番に行っていますが、今年は訳あって中央翼・外翼・内翼の順番に行います。
内翼と外翼は左右並行作業で今回の2倍大変なので非常にめんどk・・・なんでもないです。

中央翼に関してはリアスパーと小骨を接着して今週中に常盤から上がるはずです。
主翼積層班頑張ってねーヾ(*´∀`*)ノ


P.S. 栄養ドリンクの消費量は合計で20本でした!
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント